【材料の紹介】

チーク(ไม้สัก)

学名:Tectona grandis Linn. Family Verbenaceae

チーク(ไม้สัก)
チーク(ไม้สัก)

タイではSakと呼ばれています。世界で最も貴重な木材のひとつであり、熱帯地域に植栽されています。

 

材面は蝋状ないし、油状の感触を持ち、特有の香りがあり、シリカを含んでいます。気乾比重0.58〜0.68、強度の人口乾燥によっても、曲がりや反りなどの狂いを生じず、甲虫類や菌類の害も受けません。

 

ドア、床材、屋内化粧材一般、更に造船の際の木材部分にも使用されています。

 

タイ北部、チェンマイ地方に産出するチークは、その色合いからGolden Teakと呼ばれ、珍重されています。

 

本紫檀(ไม้พยุง)

学名:Dalbergia cochincinesis Pierre, Family Leguminosae.

本紫檀(ไม้พยุง)
本紫檀(ไม้พยุง)

気乾比重1.06、非常に堅くて、釘を打ち込むことなども困難です。木理は軽度に交錯し、肌理は細かく堅く、心材は明るい紅紫から暗紫色で、暗色の縞がぼけた色になって連なり、年を経るに従い、暗色に変わります。

 

タイ、ラオス南部、カンボジアに産する、希少銘木中の銘木です。

 

仏壇、仏具、飾り棚等の高級和家具の素材として珍重されています。

 

縞紫檀(ไม้ชิงชัน)

学名:Dalbergia oliveri Gamb., Family leguminosae.

縞紫檀(ไม้ชิงชัน)
縞紫檀(ไม้ชิงชัน)

タイの人々は、Ching Chanと呼んでいます。気乾比重が1.07ですから、本紫檀等と同じように、水に沈んでしまうほど、堅く重い木です。

 

非常に堅く、黒または、暗紫色の縞のある紫系の色をしています。

 

タイ、ビルマ、ラオス全土の混生落葉林に分布する喬木で、これも、非常に希少な銘木です。

 

高級家具、杖、彫刻品、また、本紫檀の代わりとしても使用されています。


黒檀(มะเกลือ)

学名:Diospyro mllis Griff., Famil Ebenaceae

タイ国での呼称:Ma-Kleua

気乾比重: 1.15~1.19

黒檀(มะเกลือ)
黒檀(มะเกลือ)

タイ国北部や中部の混交落葉樹林に見られることもありますが、現在、伐採禁止となっており、非常に希少価値の高い樹種です。

 

辺材の占める割合が多く、製材歩留まりの悪い木です。心材は暗灰色から真黒色、白色に近い縞や、まだら状の模様を伴うものは、縞黒檀と呼ばれ、珍重されています。

 

数珠玉、ピアノ鍵盤、将棋の駒、お箸など、唐木銘木の中でも紫檀と並び、銘木中の銘木として珍重される素材です。

 

鉄刀木(ไม้สาธร)

本タガヤサン、タイ国での呼び名 Kilek

学名: Cassia siamea Lamk, Family Legumminosae.

紫タガヤサン タイ国での呼び名 Sathon

学名: Miletttaleucantha Kurz

鉄刀木(ไม้สาธร)
鉄刀木(ไม้สาธร)

日本では、上記の2種類の異なる樹種の木がタガヤサンと呼ばれています。専門に木材を扱っている人たちの間ではKilek は本タガヤ、Saton は紫タガヤと呼んでいます。

 

本タガヤは、タイ南部に多く自生していますが、北部や中央部タイでも、街路樹として植えられているのを良く見かけます。小さな黄色い花を枝いっぱいに咲かせています。若芽は食用に供されます。

 

紫タガヤは、北部タイに多く産します。非常に堅く、加工困難な素材です。木工職人の間で、金筋と呼ばれている灰白色の石炭質の樹脂状の充填物があり、これが、加工時の刃物をすぐに切れなくしてしまいます。しかし、仕上がり細工の木目模様の美しは、唐木の中でも随一と言われるほどです。その希少価値からも、幻の銘木として、古来より、茶人などの枠人に愛用されています。

 

用途 床柱、飾り棚、床周り材、書院周り等。当店の製品のほとんどは、Saton 紫タガヤが素材です。

 

花梨(ไม้ประดู่)

学名:Pterocarpus macocarpus Kurs., Family Leguminosae

花梨(ไม้ประดู่)
花梨(ไม้ประดู่)

日本で鉢物、観賞用として栽培されているカリンとは別種の木です。

 

東南アジア全域に産し、日本へ輪出されていますが、各輪出国名で、ナーラ、パドウク、プラドウ、レッドサンダー、ローズウッド等と呼ばれ、私たちを困惑させていますが、ビルマのパドウク、タイのプラドウが正統派とされています。

 

心材は黄褐色、淡黄色、紫がかった、赤色などがあり、それに

濃淡の縞があります。

 

気乾比重0.8〜0.87、樹高30m、樹周250m以上に達する巨木もあります。

 

古くから唐木家具の代表的な素材として使用されています。

 

ロックファー(ไม้รกฟ้า)

学名:Terminalia Tmentosa Wight et Am., Family Combretaceae

ロックファー(ไม้รกฟ้า)
ロックファー(ไม้รกฟ้า)

木乾比重 0.90

心材は黒色がかった褐色で、暗色の帯状の木目模様があります。木理はやや交錯し、非常に堅い木です。

 

製材後の、乾燥の過程で、干割れが生じやすく、加工が難しい材ですが、木目、色合いなど落ち着いた美しい材です。

 

用途としては、ここタイ国では、柱、梁根太等の建材として使用される他、橋脚や鉄道の枕木として、使用されていますが、日本向けとしては黒檀に代わる素材として、床柱や、和家具に使用されて好評です。

 

ラバーウッド (ไม้ยางพารา)

ラバーウッド(ไม้ยางพารา)
ラバーウッド(ไม้ยางพารา)

ラバーウッド、タイ国ではヤーンパラーと呼んでいます。

ゴムの樹液を採取するために栽培されているゴムの木は、

老木になり、樹液の出が少なくなると伐採され、

薪などに利用されてきました。

 

近年、研究が進み、このラバーウッドが木製家具等の天然素材として、脚光を浴びることになりました。

 

短期間の再生が可能で、地球温暖化などの自然環境破壊とは無縁の素晴らしい素材です。

 

チャムチャ Chamcha (ฉำฉา)

チャムチャ Chamcha (ฉำฉา)
チャムチャ Chamcha (ฉำฉา)

「この木なんの木?」 でお馴染みの、太い幹に傘を大きく広げたような樹形の街路樹、あれがチャムチャです。

雨が降る前や日暮れごろになると、葉をたたみます。日本の合歓(ネム)の花に良く似た、ピンク色で房状の美しい花をつけます。

 

板状に製材すると、薄い茶色の素地に、こげ茶色の大柄な模様の材になります。

 

樹径が2メートル以上の大径木も珍しくないので、チークに代わり、大物の木彫像や、家具の素材として利用されています。

 

マンゴ(ไม้มะม่วง)

学名:Mangifere indica Linn., Family Anacardiaceae

タイでの呼称。栽培種 Mamuang 野生種 Mamuang-Pa. 気乾比重 0.63

マンゴ(ไม้มะม่วง)
マンゴ(ไม้มะม่วง)

タイ全土に、果樹用として栽培されたり、また、お屋敷周りに数本植えられたりしております。老木となり、果実の収穫の少なくなった木が、切り倒され、お椀、大皿、花瓶などに加工され、民芸品店等で売られています。

 

この他に、野生種がありますが、これは伐採禁止対象の材種で希少な銘木です。

 

木理は直通で、木肌はやや粗く、柔らかな光沢があります。加工は困難ですが、仕上げ面はとてもきれいです。天然漆との相性が良く、拭き漆仕上げで素晴らしい製品になります。

 

2018年

2月

01日

2月のミニブログ

今年の中国のお正月は、2月の中頃だそうで、なんとなく物足りない2月初めの今日この頃です。
皆さま、いかがお過ごしですか?
木の店アークは、年明けから、毎日のようにタイ地図刺繍の額や刺繍のためのトレーのお問い合わせをいただき、ご来店くださるお客様もほとんど毎日のようにバンコクやシラチャからいらして下さいます。その他、タイ文字時計をお求めになるお客様も増えました。
タイ文字時計も種類が増えて6タイプになり、来週には、タイ地図の入ったタイ文字時計も出来上がり、お店に並ぶ予定です。
木の店アークは、常に皆さまのご希望に添える商品を作っていきたいと思います。
皆様のご意見、ご希望をお聞かせください。お待ちしております。

続きを読む