五月に入りました。

新しい年度を迎えられ、何かと気忙しい四月も過ぎ、ゴールデンウィークが始まる五月に入りました。

やっと雨が降り、少し暑さをしのげるようになった今日この頃です。

皆様いかがお過ごしですか?

木の店アークでは、五月の節句に合わせて、店内を兜の掛け軸や置物などで飾らせて頂きました。

5月5日のこどもの日に合わせて皆様と端午の節句をお祝いしたいと思っております。

人気のフルーツ炭もタイらしい象の入れ物に飾られて皆様のお越しをお待ちしております。

 

特注家具部門からのお知らせ

新学期に入り、学習机や本棚などの特注家具を注文される方が増えています。

タイにある無垢の木で作られた家具は、日本に帰られてからも長くお使いいただける商品です。

学生時代は、学習机として、社会人になられてからは、パソコンなどの作業台として、お使いいただけます。

1年前に学習机とローチェストをご注文いただいたお客様は、今年の本帰国に合わせて、ダイニングテーブル、イス、ベンチなどを注文してくださいました。

圧縮材や合板の家具とは違い、無垢の木で作られた家具は日本に帰られてからも末長くお付き合いいただける商品です。

皆様も是非、タイにいらっしゃるこの機会に本当の木の家具をお求めください。

デザイン、価格、材料の選択、色のことなど、ご相談いただければ、幸いです。

 

皆様のお越しをお待ちしております。 木の店アーク 小川

2021年

10月

01日

コロナが続きます。

なかなか治らないコロナです。
皆様、ワクチン接種は、お済みですか?
子供達は、1日も学校へ行けないまま、オンラインで、学期末のテストをやっています。
この先どうなるのか?不安な毎日をお過ごしのことと思います。
それでも少しずつ食堂や商店街は、活気を戻してきている様です。
一日も早く、元の生活に戻りたいですね!!

木の店アークでも、今まで止まっていた時間が少しずつ動き出してきました。
この2週間ほどは、タイ地図刺繍のための額や、ハーダンガー刺繍のための手つき盆、
トラバーユーズ(刺繍の布をかける台)などの注文を頂いております。
また、お子様用の本棚や、テーブル、イスなども特注で作らせていただいております。
今、一番注文の多い商品は、400バーツのスツールです。40年前からの唐木の材を使用して、硬くてしっかりしたスツールを作らせていただいております。床柱や飾り棚、盆栽台などを作ってきた同じ素材です。釘を使わない、硬い木材用の作り方で、しっかりと作られています。是非、皆様のご家庭でもご使用ください。座っても、台にしても、飾り物を飾っても、大変便利な商品です。お値段も特別料金になっております。
10月も、スツールやスタンドミラーなど、売れ筋の商品をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

10月のお休みは、13日と23日のタイの祭日と3日、10日、17日、24日、31日の日曜日です。
平日の月曜日から土曜日までの営業時間は、8:00〜17:00までです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。 

 

木の店アーク一同